高麗人参情報
5千年を続けてきた神の霊薬、高麗人参についてご紹介します
  • ホーム
  • 高麗人参情報
  • 高麗人参の由来
高麗人参の由来
人参の由来
高麗人参は、アジアの極東地方でのみ自生する薬用植物として北緯30˚で48˚である韓国(33.7˚、-45.1˚)、中国(満州、43˚、-47˚)、ロシア(極東の沿海州、40˚、-48˚)の3つの地域だけで算出されている。

人参は根本的な植物学的特性が栽培敵地に対する選択性が強く、気候の土質などの自然環境が適当でないところで高麗人参を適応生育させることはとても難しいが、このような点で、韓国は高麗人参生育の最適地であり、韓国人参を特に'高麗人参'と命名して世界的に高く評価する理由が

高麗人参が強壮剤で薬物会社に登場するようになったのは2000年前の中国の伝えた原題時代(BC48~33)の文献"級曲江"初めて高麗人参の中国の後漢(AD196~219)の文献ジャンジュンギョンの上限論ではドンヤク医学としての高麗人参処方に関する記録がある。

また、ハンバンウィソの原本とも言えるシンノンボン、初経に至っては高麗人参の産地、品質をはじめ、その薬効と応用などに関する具体的な説明があり、野生高麗人参の自生地など、高麗人参に対する由来も明らかにしている。

また、高麗人参の学名は Panax Ginseng C.A. Meyer(1843)だが、語源を見ると 'Pan'"すべてのこと ', 'Axos''医学'という意味で 万病に効くという意味だ。
高麗人参の歴史
時期 古書 内容
BC 48-33 グプチュイジャン 高麗人参記録初めて登場
196-220 上限論 百済武寧王12年ヤンムジェに人参プレゼント
451 名義別録 高麗人参をサンヤクに分類
483-496 シンノンボン初更 高麗人参をサンヤクに分類バンヤクハプピョン、東医宝鑑などに処方された600あまりの記録
紅参の歴史
時期 古書 内容
1080年 高麗純宗 紅参製造法の開発普及
正祖21年 正祖実録 紅参という名前が初登場
純祖(スンジョ)21年 純祖(スンジョ)実録 紅参を開京(ケギョン)から算出
1907年 専売法発効
1996年 専売法廃止
人参的名称
「シム」と呼ばれる韓国の高麗人参の固有の名前の語源及び使用年代は正確に明らかにされていないが、『東医宝鑑』、『済衆新篇』や『方薬合篇』に、
高麗人参が「シム」と表記されていることから見て、「シム」が当時の常用名称であったことがわかり、近来まで山参の採取人の隠語として命脈を維持している。
高麗人参種(Panax ginseng C.A. Meyer)
地理的に韓国をはじめ、中国などアジアの極東地域に分布
花旗参(西洋参)((Panax quinque folium L)
アメリカ及びカナダ地域に分布
田七人参(Panax notoginseng F.H. Chen)
中国南部の雲南省、広西省地域に分布