高麗人参情報
5千年を続けてきた神の霊薬、高麗人参についてご紹介します
  • ホーム
  • 高麗人参情報
  • 高麗人参の栽培
高麗人参の栽培
高麗人参の形
高麗人蔘"の根の全体の形態は、脳頭、主眼、枝根、側根、細根、垂根、根毛など、主根以外にも多くの根が出ており、ちょうど人の形に似ている。 "高麗人蔘"は成長する間に形状が変化する。 1年目には根が肥大して30-40個の支根が出る。

2年目に移植するとき、支眼はすべて切れてしまい、残った主眼だけ植えると、再び支眼が出る。3年目に主眼の身長と枝根の類が固定されており、4-5年間の栽培時には主眼が出る。肥大されて、枝根及び細根の生成が促進され、高麗人蔘特有の形状が完成される。 紅蔘に加工される6年根は、脳頭が肥大して、胴体は長さが7-10cm、

直径2-3cm、いくつかの枝根を持ち、根の全体の長さが34cm、重さが40-120g、ときには300gにも達することもある。 一方、7年以上育ったものは、肥大と成長が遅くなって体型が不良となり、表皮は木質化するようになる。また、加工するとき内空や内白が多く発生する
人参的生长过程
清浄水蔘の生産のために、播種から収穫までの全過程を注意深く管理している。 それは高麗人蔘の栽培方法は普通の作物とは違って特異だからである。高麗人蔘は一度植えると、少なくとも 15年間は同じ土壌に再び植えることが出来ず、土壌と地形により収穫量が大きく異なるため、高麗人蔘に合った土地を選ばなければならない。そして、山蔘の育つ環境となるべく近くするために、栽培に程よい地域をあらかじめ用意し、奥山の闊葉樹を集め、高麗人蔘を栽培する予定になっている土に1-2年間これを使用し、高麗人蔘の生育に適するように土壌を変える。

優秀な高麗人蔘を育てるために成長のよい高麗人蔘のみから種子を採取し、その中でも優れた種子を選んで苗蔘を育てる。そして特殊な床土を作って育てた苗蔘を移植し、日よけをして化学肥料を与えないで育てるのである。高麗人蔘"の栽培は、伝統的な有機農業をそのまま維持している最も古い施設農業と言える。畝の方向は、

羅針盤を使用して作り、日よけは一日中、たは季節によって高麗人蔘が直射日光を直接受けないように設置する。高麗人蔘を頭脳、胴体、各部が均衡的に発達した大きな根に育てるのが栽培のもっとも重要な点でである。