高麗人参情報
5千年を続けてきた神の霊薬、高麗人参についてご紹介します
  • ホーム
  • 高麗人参情報
  • 高麗人参レシピ
高麗人参レシピ
高麗人参の手入れ方法
最初の センサムの手入れ中最も基礎的なものが表の土やほこりをきれいに洗って出す段階。まず、くぼんだ器に水を入れて、高麗人参を10分ほど漬けておく。高麗人参に硬めに貼られていた土が吹き、軽くこすってもよく落ちることになる。

二番目 上の土を大まかに磨いた次の歯ブラシを使用して流れる水でところどころに挟まれた土までよく磨いている。

三番目 細根を整えている。ひげ人参とも呼ばれる細根は苦味が強く、料理展に切っているが、水に十分に懸念苦味を除いた後、ナムルで和えて食べたり、車を煮込むとき、一緒に入れることもある。

四番目 竜頭部分を切り取っている。一般的な料理に人参を使用する場合、ほとんど竜頭を切って出すことが基本だが、鄭となど形を生かす料理にはそのまま使う場合もある。

五番目 高麗人参が丸ごと入った料理のほか、一般的な料理に一番たくさん使う手入れ法は輪切りと本体を横に置いてうすっぺらに大きなこと、焼きをする時、長さで薄っぺらに造りなどがある。

六番目 高麗人参200gをきれいに洗ったあと、ナツメ8-10個、考え2-3個を中間の火災で、2-3時間達人後随時服用し、1-2回ほど二番煎じするものの、二番煎じ市は追加で高麗人参を添加して二番煎じに使用した高麗人参は干してから花の肥料として使用するとよい。

七番目 サラダや言葉が、串焼きをする時は胴体を長さに千切りにして適当な太さに使用する。

八番目 西洋風に応用してソースやジャムを作る時は,細かく切り刻む。
高麗人参服用法
水参を牛乳と一緒に服用する時
水参 20gをきれいに洗った後,牛乳 180mlと一緒にミキサーにかけて,朝空腹の時または飲酒の前後飲用する。

水参をハチミツにつける
水参750gをきれいに洗った後,2mm大きさで,薄く切り弱い火で,約30分くらい蒸すかそれともそのまま日差しにかちかち乾かしてからハチミツ1.8lにつけ冷蔵室に保管して随時に服用する。

煎じって服用する時
水参200gをきれいに洗った後,ナツメ8-10個, 生姜2-3個を中火で, 2-3時間煎じた後,随時に服用して, 1-2回位二番煎じするが二番煎じの時は,追加で水参を添加する。二番煎じに使った水参は乾かした後,花卉類の肥やしをやっても良い。

健康食飲料に服用する時
高麗人参で別味の高麗人参料理を作ることができる。高麗人参料理は健康食ながら高麗人参特有の味と香があって食欲をそそるのに大変良い料理である。高麗人参ザラダ, 高麗人参キムチ, 和えもの,蓼鶏湯(サンゲタン)など好きな高麗人参料理を食べれば良い。使う高麗人参は水参が良くて根全体を使った方が良い。

水参(ワンヒョンサム)を服用する時
水参根 1-2個を 3-4コップの水に入れて,沸き立てば火を落として弱い火で, 3時間ほど煮込む。水の量は願う濃度によって,調節する。 高麗人参を沸かせば,サポニン成分のため泡がたくさん生ずるのであふれないように気を付けて, 金属容器は避ける。高麗人蔘を煮込んだ水を暖かい時,飲む. 濃度が濃ければ,少量を飲むとか水に加えて飲む。

高麗人参(ウォンヒョンサム)を服用する時
きれいな水で洗浄した後、そのまま噛んで食べたり、高麗人参をすでに作られた蒸溜酒(蒸留酒)の中にだいぶ日にち沈積し、人参酒を作って食べてもいい、、ミキサーで挽い牛乳に入れて飲んでもなります。好みによって蜂蜜やその他の甘味料を添加して食べればなおよい。
人参きゅうりキムチ
準備材料 人参(水参)1本、ナツメ10個、にんにく5個、せり 半束、砂糖、塩、糸ネギ、キュウリ
調理方法
  • 01
    キュウリ- 幼くて軟らかいものを選び、塩を使いきれいに洗い水気を取る。
  • 02
    高麗人蔘 - 水蔘で中間の大きさで胴が長くて細かい根の少ないもの、特に新鮮度に注意し萎れないものを選ぶ。
  • 03
    キュウリは前後を切って2等分しキュウリ一つの長さで前後が落ちないように注意しながら切目を十字の形に入れ、塩大さじ3,水5コップを混ぜた塩水に1時間程漬け込んで柔らかくする。
  • 04
    高麗人蔘は皮部分をものすごく薄く掻出し、きれいに洗って5cmの長さに切り4または6の切れ端のように切る。
  • 05
    ナツメは千切りにしせり,ネギは3cmの長さに切る.にんにくも千切りにしナツメとにんにくは塩を少し振って柔らかくなるよう塩漬する。
  • 06
    キュウリが漬かったら水気を切り,キュウリの間にナツメの千切りをはさみ込む。
  • 07
    瓶にキュウリと高麗人蔘,ネギ,せりを盛って水5カップに塩大さじ1,砂糖大さじ1を入れ、味が整ったらその水を注いで2~3日過ぎたら、食べやすい高麗人蔘の香りの良いキムチになる。
人参白キムチ
準備材料 白菜1kg、塩 適量、 人参(水参)2本、大根500g、梨1/2個、栗4個、ネギ1本、にんにく1個、ショウガ1個、赤トウガラシ2個、塩
調理方法
  • 01
    白菜は外側の葉を脱がせて半分に切って白菜が十分に沈むくらいの塩水に漬けておく。
  • 02
    冬には一晩,春或は秋には4~5時間くらい経ったら白菜が十分に漬けられるが,この時何回も洗い、水気をよく切っておく。
  • 03
    高麗人蔘はきれいに洗って千切りにし,大根は小さい物を選び、きれいに手入れをして洗った後、千切りにしておく。
  • 04
    梨と栗は皮を剥いて千切りにし,せりもきれいに手入れし4cmくらいの長さに切っておく。
  • 05
    ネギ,にんにく,ショウガはきれいに手入れをして千切りにし赤唐辛子も種を出したら同じようにしておく。
  • 06
    準備された高麗人蔘, 大根,なし,栗,せり,ネギ,にんにく,ショウガ,赤唐辛子をすべて混ぜて塩で味を整えてキムチの素(キムチの中に入る薬味)を作っておく。
  • 07
    2の白菜の葉の間に6の薬味を入れ瓶に入れたら塩で最後に味整え汁を入れよく押さえたまま10℃くらいで5日間熟させる.高麗人蔘を入れて漬けたキムチは高麗人蔘のサポニン成分によってよく熟されるため時期をよく見て食べた方が良い。